QLOOKアクセス解析

変われる強さ、変わらぬ想い

前の記事でテイルズについて書きました。
自分にとって初テイルズの「テイルズオブエターニア」(以下エターニア)について語ってみようと思います。長くなると思いますが、よろしければお付き合いくださいませ。
俺が遊んだのはPSP版なのでそれについての話ですが、
元々はPSで2000年に発売されたゲームです。

俺がテイルズに初めて触れたのは、高校生の時。
きっかけはPSPを買った時、部活の友人に何か面白いゲームない?と聞いたこと。
そうしたら、TOEなんてどうかな?と紹介されました。
友人達の中にはテイルズをやっている人も何人かいたのですが、
どこからそういう偏見が生まれたのか忘れたけど、テイルズはオタク向けのゲーム、という印象でした。まあ、間違ってはないと思うけど
加えて、それまで遊んでたのはアクションゲームばっかりで、
本格的なRPGをあんまり遊んだ事が無かったんですね(
アクションRPGも同じで、触れた事あったのはロックマンエグゼ・DASHくらい。
でも、店に行ったらベスト版ということで値段も安かったし、思い切って購入。
遊んでみたら、あっという間に引き込まれて行きました。
まず、戦闘がとてもスピーディでテンポがいいんですよね。
あと、パーティキャラは色んな技を覚えるのですが、それを4つのボタン(ニュートラル、左右、上、下)に登録することで、複雑なコマンド入力もなく、簡単に技を発動できます。
格ゲー苦手な俺にとって、このシステムはとてもありがたいものでした。
更にそれらを連携してコンボを繋ぐのが気分爽快。
前衛が敵に切り込んでいって敵を抑えつつ、その隙に後衛が術を詠唱するのが基本。
主人公が剣士タイプで移動速度が速く、ガンガン敵に切り込んで行けたのも操作する上でよかったです。
なお、操作キャラ以外はCPUが勝手に動かしてくれます。
作戦である程度行動を設定する事が出来るのでその辺はご心配なく。

シナリオに関しても、エターニアの頃は今のテイルズ程露骨なオタク向け要素が少なく、シナリオも比較的王道なものだったので、すんなりと入っていけました。
あと、戦闘以外でもイベントシーンではキャラがボイス付きで喋るのですが、
それによって感情移入ができて、話が盛り上がっていたと思います。
当時のゲームとしてはボイスの量はかなりのものだったんじゃないかと。
前作、前々作のファンタジア、デスティニー(共にPS版)が基本戦闘中しかボイスがつかなかったことを考えると大きな進化といえます。
シナリオ以外にもスキット(雑談みたいなもの)でもキャラがイラスト付きで喋ってくれて、ネタ的な意味でも面白かったです。

当時はテイルズやり始めたばっかりなので今みたいに色眼鏡がかかってなかったのですが、大きな不満もなく、普通のRPGとしても十分名作に値すると断言できますね。
このゲームに触れていなかったらテイルズやその他のアクションRPGを遊ぶ事はなかったかもしれません。
グラフィック等では最近のテイルズに流石に劣ってしまいますが、
システムはこのエターニアでほぼ完成しています。
あとこれは個人的な事ですが、前の記事で書いたとおり、
テイルズで裏ダンまでクリアした作品はかなり少ないです。
でもこの作品だけは別で、裏ボス撃破は勿論、最初から最後まで難易度マニア(3段階あるうちの最高難易度)でクリアというやりこみも達成しました。
個人的にテイルズやるならエターニアは絶対にやった方がいいと思いますね。
今からやるなら是非PSP版をどうぞ。
テイルズオブエターニア(PSP版)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミドナ

Author:ミドナ
ポケモン好きなごく普通の人間。
ポケモンをはじめとしたゲームや日常等を中心にやっていこうと思います。
あまり強くないですが対戦もおkです。
但しシングルオンリー。
コード:1677 3517 6502(SS)
3653 5998 0689(W)
0734 1613 2322(W2)
1118-0169-8531(X)

DQ10始めました。魔法使いメイン。広場はこちら
自宅:アズラン農村地区8441-3

チャット設置しました。
入室はこちらから
時折チャット会やってるので気軽にご参加ください(※開催日はブログの一番上で告知)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月間アーカイブ
 
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR