QLOOKアクセス解析

BORUTO ボルト -NARUTO THE MOVIE-

せっかくの貴重な休みだし有効に活用しよう!
そう思ってボルト見てきました。
ネタバレ全開なので内容は続きからどうぞ。
時系列としては少し前までジャンプに載っていた「七代目火影と緋色の花つ月」の後日談。
内容は大きく分けて2つ。1つはボルト達の中忍試験。
もう1つは敵である大筒木モモシキ&キンシキとの戦闘。
これまでのナルト映画と異なる点は、息子のボルトが主役だという事。
ナルトも戦闘はしますが、火影として、そしてボルトの父として一歩退いた立場でした。

見所はボルトの成長もそうですが、父親として息子にどう接したらいいか分からず悩むナルトの姿も考えさせられる所がありました。作中で確かヒナタがボルトに対して「お父さんの時とは違う」と言うシーンがあります。
ボルトは生まれてからずっと父親がいたけど、ナルトは生まれた時に両親が死んでいる=親の愛情を知らないまま育ったんですよね。だから子供にどう接すればいいかよく分からない。そういう事なんだろうなと見てて思いました。
ボルトは父親に自分を見てもらいたいという思いから、中忍試験で過ちを犯してしまいます。
それによって色々失った所から、大切なものに気付いて最終的にボルトなりの成長を遂げる流れはまさに王道。ボルトは父親とはまた違った道を目指すようです。
ちなみにナルヒナの映画で殆ど出番なかったサスケは今回かなり目立ってます。
しかもボルトの師匠と言うオイシイポジション。
緋色の花つ月でサラダにしでかしたのがウソみたいと思える程きっちり師匠してました。
ナルトとの共闘シーンもあるので嬉しかったですね。
もうサスケェ…とは言わせない?

イマイチだと思ったのは、敵役(特にモモシキ)が色々残念だったところ。
小物っぽさとか負けフラグとか全開でしたし。トネリと違って何かしらの背景があるわけでもなし。
戦闘シーンが良かった(とにかく「動く」)だけに、非常に勿体無い。

昔からの読者としては今回の映画は色々と考えさせられる所があり、
楽しめた方だと思います。そして最後のオチで笑いそうになりました。
予想はしてたけどミツキの親ってやっぱりあの人かー!w
続編が気になる所ではありますが、岸影様には暫く休んでもらいたい。
今まで大変だっただろうし。

以下余談
サラダ役の菊池こころ、声が大谷育江っぽいなーと思った。
今更だけどボルトって超エリートですよね。
入場者特典漫画のヒマワリちゃんマジ最恐。
木の葉の里がめっちゃ近代化しててびびった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミドナ

Author:ミドナ
ポケモン好きなごく普通の人間。
ポケモンをはじめとしたゲームや日常等を中心にやっていこうと思います。
あまり強くないですが対戦もおkです。
但しシングルオンリー。
コード:1677 3517 6502(SS)
3653 5998 0689(W)
0734 1613 2322(W2)
1118-0169-8531(X)

DQ10始めました。魔法使いメイン。広場はこちら
自宅:アズラン農村地区8441-3

チャット設置しました。
入室はこちらから
時折チャット会やってるので気軽にご参加ください(※開催日はブログの一番上で告知)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月間アーカイブ
 
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR