QLOOKアクセス解析

キュレムVS聖剣士ケルディオ

今日は休みだったので、劇場版ポケットモンスター「キュレムVS聖剣士ケルディオ」と同時上映の「メロエッタのキラキラリサイタル」を見に行ってきました。
今年はマナーの悪いお客がいなくて良かったです。
以下感想になります。
【メロエッタのキラキラリサイタル】
久々に復活した短編映画。
ポケモン達が、どこかへ飛び去ってしまったメロディベリーを探しに行くというお話。
フシギダネやワニノコなど懐かしいポケモン達が多数登場していたのが評価点ですね。
メロエッタのいにしえのうたは何言ってるのかわからないけど、凄く綺麗。
何言ってるのかわからないけど綺麗な歌って言う点では、TOAのティアの譜歌と通じるものがあるような。
最後には今のアニメのEDテーマ「みてみてこっちっち」のロングverが流れました。あの歌いかにも子供向けって感じなんだけど、「ポルカ・オ・ドルカ」と同じでなんか中毒性があるなぁ。
欠点はナレーションが棒読み気味なこと。

【キュレムvs聖剣士ケルディオ】
結論から言うと、去年の映画よりもかなり楽しめました。
理由は話の内容がケルディオの成長、ケルディオとキュレムとの戦いに絞られていてわかりやすいから、っていうのが一番ですね。
前半部はケルディオvsキュレム(1戦目)と、キュレムからの逃走、後半部はケルディオの成長とvsキュレム(2戦目)でした。
ケルディオは3闘の忠告を無視してキュレムに挑んだ結果ボコボコにされて、恐怖のあまり戦いから逃げ出してしまったんですよね。しかもケルディオを助けに来た3闘はキュレムに凍らされてしまうという。
若さゆえの過ちというやつですね。ちなみにキュレムと戦って勝つことが聖剣士になるための通過儀礼なんだとか。
決着が着くまで戦いを続けるのがルールらしく、逃げたケルディオをキュレムは掟に従い執拗に追い続けるんですね。
んで、逃げる途中でケルディオはサトシ達に助けられ、行動を共にすると。
キュレムから逃げつつも、最後には再びケルディオはキュレムと戦います。
そこまでの過程で、ケルディオのキュレムに対する恐怖心が鮮明に描かれてました。
最後はサトシの言葉に勇気づけられて覚悟を決めたケルディオは覚悟の姿になってキュレムと再戦。これまで使えなかった神秘の剣も扱えるようになるも最後は負けてしまうのですが、キュレムはケルディオの力を認めたようで、晴れて聖剣士の仲間入り。
振り返ってみると、完全にケルディオが主役でしたね。
今回サトシ達はサポート役という感じでした。デントとアイリスは囮になってキュレム達を引きつけ、サトシはケルディオを勇気づける&3闘を救出と。
今回楽しめた理由はほかにもあって、3闘の性格や声が俺のイメージとマッチしてたというのもあります。冷静沈着な山ちゃんコバルオン、豪快な性格の安元テラキオンは完璧だと思いました。
ビリジオンもマッチしてるけどもうちょっと若い声でもよかったかもしれない。
女性的なイメージというのは全く悪くないのですが。
評価点はこんなところですかね。

欠点はあまりないのですが、強いて言うなら時間の関係もあるんでしょうけど、ケルディオが恐怖心を克服するまでの過程をもう少し時間かけて欲しかったですね。
あとはローラの棒読み。重要な役じゃなかったのがせめてもの救い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミドナ

Author:ミドナ
ポケモン好きなごく普通の人間。
ポケモンをはじめとしたゲームや日常等を中心にやっていこうと思います。
あまり強くないですが対戦もおkです。
但しシングルオンリー。
コード:1677 3517 6502(SS)
3653 5998 0689(W)
0734 1613 2322(W2)
1118-0169-8531(X)

DQ10始めました。魔法使いメイン。広場はこちら
自宅:アズラン農村地区8441-3

チャット設置しました。
入室はこちらから
時折チャット会やってるので気軽にご参加ください(※開催日はブログの一番上で告知)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月間アーカイブ
 
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR